胃潰瘍との向き合い方を考えよう

経験したことがない人にはわからないほど、不快で辛い日々を過ごすことになるのが胃潰瘍です。胃粘膜が弱くなることによって、胃酸が胃壁を進行していきます。問題は過剰に分泌される胃酸になることから、これに向き合うことが重要です。

日常的に胸やけや酸っぱいゲップを感じるケース

胸やけや酸っぱいゲップが出るようなことがほとんど日常生活で感じるというのであれば、それは潰瘍になるリスクが高くなっています。本来であれば正常に保たれるはずですが、ストレスなどの影響によって胃酸が過剰に分泌してしまい、そのような不快な症状を発することもあります。

ただピロリ菌によって胃粘膜が弱くなっており、本来均衡の関係である胃酸との関係が崩れてしまい、胸やけが起きることも。胃潰瘍の検査をした人の多くにピロリ菌が発生していることがわかっており、この菌が発するアンモニアによって胃粘膜が傷つけられることもあります。問題はストレスだけではなく、ピロリ菌の可能性もあると言えるでしょう。

再発を繰り返さないためには原因を取り除くことが大切

原因としてストレスからくる胃酸過多になりますが、ただ胃粘膜を弱めるものとしてピロリ菌も胃粘膜を弱める要因になっています。何度もぶり返すのであれば、ピロリ菌の除去をすることが大切です。また胃がんの原因になることもありますので、除去をしておいた方が良いでしょう。

まずは胃潰瘍の検査を行い、ピロリ菌の有無を確認することから始まります。除去は薬を用いりますので、医薬品と一緒に治療をすることが可能です。ただ完全に取り除けないケースもあることから、根気強く除菌を求める治療になることも。除菌が成功すると今まで不快だった胃の不調が改善されるケースも多いです。

胃酸を意識的に抑えることも潰瘍を防ぐことに繋がる

胃酸過多が胃粘膜を傷つけ、そこから胃壁がえぐられるようになるのが胃潰瘍です。根本の原因は胃酸になることからこれを抑制することも意識しましょう。体質であればヒスタミンH2受容体拮抗薬やプロトンポンプ阻害薬といった優れた医薬品もありますが、服用できる期間が定められています。よって医薬品だけで抑え続けるというのはなかなかしんどい対策となります。

ストレスによって胃酸が多く出ることもありますので、その解消も胃酸過多を抑えるカギを握ることとなるでしょう。また体調がすぐれない時には、コーヒーなどの刺激物を抑えるなど、工夫も必要になります。胃に優しい生活を取り入れることでも、胃酸過多を防ぐことができます。

以上、胃潰瘍との向き合い方を考えよう…でした。